待望の日本食レストランがハーレムにオープン

This slideshow requires JavaScript.


ニューヨークの人気観光地エリアのハーレム。アポロシアター、ゴスペルと、連日多くの観光客が訪れる。このエリアは、近年めざましい開発が進み、セレブ シェフのレストランがオープンしたり、次々と新しいマンションも建設され、旧きよきハーレムと新しいハーレムがうまく共存している。

そんなハーレムにオープンした「JADO SUSHI」は、ローカルの注目する日本食レストランだ。オーナーは、このエリアに長年住み、2ブロック先でお洒落なワインショップも経営されている大津 元伸氏。変わりつつあるハーレムを肌で感じ、一番近くで見ていた大津氏。コミュニティーの変化の中で、日本食を求める声がとても大きくなってきたが、日本 食レストランがないという現状。そこにビジネスチャンスがあるのではと考え、このレストランをオープンすることに。

レストランのコンセプトは、ミッドタウン、ダウンタウンに行かずとも、ハーレムで大人が落ち着いて食事を楽しめる店。そして、日本人ワインショップオー ナーの観点から、日本食、お寿司にあうワインが楽しめる店。インテリアはすべて大津氏が手がけた。実は大津氏、ワインショップを経営する他に、インテリア デザイナーでもあるのだ。

料理は、お寿司をメインに、色々な小皿メニューを揃える。日本の食材を使いクリエイティブなメニューが繰り広げられている。日本の食材をラテン料理の食材と合わせてみたりと、創造的な一品がメニューに並ぶ。
ドリンクメニューは拘りを持つ生産者の日本酒を取り扱い、ワインは日本食、お寿司にあうラインナップとなっている。なるべく多くの種類をお客様に楽しんでもらいたいということで、グラスでオーダーできるものを豊富に取り揃えているのは魅力だ。

人生の3回目の大きな転機。広告などを手掛けるグラフィックデザイナーから、インテリアデザイナーに転向。そして今回は、レストラン業に一から飛び込ん だ。「私は、ありとあらゆる角度から、リサーチを行いました。自信を持ってオープンするためにも、入念な準備はとても大切。そしてなにより、レストランビ ジネスが好きでなくては、絶対にできないですね」と語る大津氏。レストランに対する意気込みが感じられた。お店を訪れるワインショプの常連客の多くも、大 津氏の新たな挑戦を温かく見守っている。
日本人にとって「邪道」と思われがちなクリエイティビティーから生まれる様々な味の融合だが、ニューヨーカーにとっては、魅力溢れる料理として受け入れられている。そして、そのクリエイティビティーが、今後ハーレムにおいても「正道」になっていくのではないだろうか。


Jado Sushi

2118 Frederick Douglass Blvd
New York, NY 10026
Phone: 212-866-2118
http://www.jadosushi.com