東京からニューヨークへ「Mr. Taka Ramen」

ローワーイーストサイドにオープンしたラーメン屋「Mr. Taka Ramen」。このレストラン名は、オーナーのお二人、渡邊隆之(たかゆき)氏と、長良貴俊(たかとし)氏お名前の共通点「たか」をとって命名された。二人は神奈川大学時代の同級生で、この度、ニューヨークでビジネスパートナーとして同店を立ち上げた。

渡邊氏は、1999年にファッションジャーナリストとして、ニューヨークへ移住。その後ファッション関係の仕事に従事。常に西洋発信のトレンドを追いかけるファッションとは逆に、日本人として世界に誇れる日本の物をアメリカ人に紹介できるものに携わりたいと考え、日本が誇る日本食を発信できる飲食業に深い興味を抱いていた。

一方の長良氏は、ラーメン「せたが屋」で修行を積み、「せたが屋本店」店長、「せたが屋ニューヨーク店」の立ち上げと初代店長として活躍。ニューヨークでラーメンブームの火付け役として一役買った人物だ。その後日本に帰国後自らのお店「麺処 びぎ屋」をオープン。同店は、ミシュランガイド東京2015の ビブグルマンに加わった、「らーめん」カテゴリーに名を連ねた22店の中の1店に選ばれた。数多くのラーメン屋がしのぎを削る東京での入選に自らが作り上げてきた味に対する自信が揺ぎ無いものとなる。

長良氏がニューヨークの渡邊氏にその朗報を伝える為に連絡をとり、それがきっかけで、ニューヨークでのラーメン店をオープンする話が決まった。今年8月からの物件探し4ヶ月でのスピードオープンとなった。

レストランは、カウンター席、テーブル席を合わせて30席。厨房に面したカウンターに座るお客様からはラーメンに関するいろいろな質問が飛んでくるとか。

This slideshow requires JavaScript.


メニューは前菜6品。ラーメン9種類。ニューヨークのラーメン屋の前菜定番メニューであるバンズはあえてメニューに入れず、甘辛醤油に胡椒をきかせた手羽先と豚肉とキャベツの入った自家製餃子で勝負。ラーメンは豚骨、スパイシー豚骨、味噌、醤油にベジタリアンラーメン。拘りのスープ、タレとも各4種類全て自家製で、朝7時から仕込み開始。ラーメンのスープに合わせて麺も3種類を使用。

ニューヨーカーに人気はなんといってもダントツ豚骨ラーメン。あっさりとしたラーメンを食べたいという方には、ゆず白醤油ラーメンがオススメとか。今後、日本酒のバラエティーやデザートメニューも増やして行く予定とのこと。

「妥協のない、本物の味をニューヨークの皆様に味わっていただきたいです。」とオーナーの長良氏。ラーメン激戦地区東京から、今後ラーメン激戦区になりうるニューヨークに日本の味で勝負をかけるミスター•タカのお二人。拘りのラーメン店として今後の活躍を期待したい。


Mr.Taka Ramen
170 Allen St New York, NY 10002
212-254-1508
http://www.mrtakaramen.com