二戸市フェア in ニューヨーク : The Art of Japanese Urushi

tp513_10

This slideshow requires JavaScript.


岩手県二戸市は、国内最大の漆の産地。浄法寺地域で採取された漆を用いて作られた浄法寺塗りは、一見シンプルでありながら、最高級の国産漆の風格が感じられ、国宝建造物の修復に使われる程の漆が使われているにも関わらず、身近な生活用品としても使用されている。そして、同市には、国内外で高い評価を受け、現在世界26カ国に向けて輸出されている日本酒、南部美人がある。二戸市は、世界に誇る浄法寺塗、南部美人を通じ、同市をアピールするプロモーションイベントを今年もニューヨークで開催している。

3カ年計画で実施されたニューヨークでのプロモーションイベントも今年が3回目で最終年。ミッドタウンにある日本クラブ内のギャラリースペースにて、10月6日(火)から9日(金)の4日間午前10時から午後6時まで「The Art of Japanese Urushi」と題し、浄法寺漆展覧会が開催されている。鑑賞のみならず、一部の非売品を除いては、実際に購入も可能。10月8日(木)には、浄法寺塗とその漆器で頂く南部美人のレクチャーも開催される。

オープニング当日の10月6日(火)には、日本クラブでレセプションが開催され、滴生舎の小田島勇氏による、浄法寺塗についてのプレゼンテーションが行われた。漆を採取する漆掻き職人がどのように漆を採取するのか、漆一滴がどれだけ貴重なものなのか、漆を塗る手作業の工程と期間等、商品棚に陳列された漆器からは知ることもできないような浄法寺塗の全てを紹介した。

そして、株式会社南部美人の代表取締役社長久慈浩介氏が、日本酒南部美人の紹介を行い、それに続き、同社契約酒米生産者の金田一営農組合の五日市氏が、多数の賞を受賞する南部美人の原材料となる酒米の栽培についての説明を行った。そして、南部美人にて酒造り研修を受けているアメリカ人醸造家のベン・ベル氏が、彼の貴重な酒造りの体験を発表した。

This slideshow requires JavaScript.

ギャラリースペースでは、美しい浄法寺塗の数々、その素晴らしい口当たりの漆器で頂く南部美人の試飲、そして、南部せんべい岩手屋の割りせん&柿ピー、権七園で栽培された新鮮なフルーツで作られたジャム等の試食も行われ、ニューヨークにいながら二戸市を体験できるオープニングレセプションとなった。

3年間継続してPR事業に従事してきた岩手県二戸市総合政策部部長大沢治氏は、「この3年を通じて、とても素晴らしい人脈を得ることができました。3年継続した結果、ニューヨークの一流レストランで浄法寺塗を使用してもらうなど、実際に漆器の良さを十分に感じてもらえる場所もできました。世界に通用する二戸市の浄法寺塗。国内アピールにもつなげていきたいです。」と、ニューヨークでのPR事業を今後に生かしていくという意気込みに溢れていた。

This slideshow requires JavaScript.


浄法寺漆についてレクチャーを行った、滴生舎の小田島氏は、何事も時間はかかるが、1年目より、2年目、2年目よりは3年目と少しづつではあるが、確実に漆を理解してくれる人が増えていると、毎年の積み重ねの成果を振り返った。

今回初めてニューヨークを訪れた滴生舎塗師の三角裕美氏は「浄法寺塗をやっていたからこそ、こうやってニューヨークに来る機会にも恵まれました。アメリカ人がとても漆器に興味を示してくれるのには驚きました。」と語りながら、漆塗りの作業を実演して見せてくれた。

二戸市から海外市場に早くから進出している南部美人の久慈氏。今回の小さな地方都市の世界舞台への挑戦という取り組みについていてこう語る。
「継続は力なり。1度だけのイベントではなく、3年継続して実行するということはとても大切。この3年で沢山のつながりができ、得たもの、学んだものは多くあります。それら全てを検証し今後どのように生かしていくかということがこれからの課題でもあります。今回二戸市からも19名が参加。実際にニューヨークに来て、見て、感じたことを地元に持ち帰りそれを共有してもらう。体験を口コミで広げてもらうということは非常に効果的です。南部美人、浄法寺塗が当たり前になっている二戸市の皆さんに、小さな街二戸でも世界に通用する伝統文化持っているという二戸プライドを再認識してもらいたい。二戸プライドが岩手プライド、そしてそれがジャパンプライドに必ず繋がると確信しています。」

ギャラリーでの展覧会は、4日のみの開催だが、展覧会以外でも浄法寺塗りで素晴らしい食事やお酒、勿論南部美人もニューヨークの人気店、下記5店で楽しむことができる。これがまさにこのプロジェクトが3年間で培ってきたネットワークの賜物ではないだろうか。

Ichimura at Brushstroke
Kyo Ya
Kajitsu
Hi-Collar
Yopparai


The Art of Japanese Urushi
場所:The Nippon Gallery at the Nippon Club
住所:145 West 57th Street 7th Fl, New York, NY 10019
www.nipponclub.org